厚労省の有識者検討会は今年1月、「接種後1か月以上たって発症した場合、ワクチン接種
との因果関係を疑う根拠がない」と発表し、同根拠に基づいて厚生省では、副作用は617件、
このうち重篤者は176人だったとしていた。

症状そのものの原因については、針を刺した痛みなどが引き金となった心身の反応だとし、
ワクチンは原因ではないと結論付けていた。

接種から発症まで平均8ヶ月以上なら、厚生省の言い分は間違っていて、実際の副作用の
半数程度しか公表していなかった事になります。

小さいメリットと巨大リスク
91e300339fce0e7b5111a8f95d548db1
http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/4e/b4/91e300339fce0e7b5111a8f95d548db1.jpg


効果ゼロのワクチン

以下の通り、厚生省の公式見解では子宮頸がん予防ワクチンの効果は「証明されていません」
そして子宮頸がんによる死亡率は10万人中10人以下で、日本人の死亡原因の中では少数。
これを強制的に接種させた理由は考えられる限り「金儲け」でしょう。

厚生労働省 子宮頸がん予防ワクチンQ&A
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou28/qa_shikyukeigan_vaccine.html

Q17.子宮頸がん予防ワクチンについて、がんを予防する効果は証明されていないと聞きましたが、
本当ですか?

A17. 子宮頸がんは、数年から数十年にわたって、持続的にヒトパピローマウイルス(HPV)
に感染した末に発症するとされています。子宮頸がん予防ワクチンは、新しいワクチンなので、
子宮頸がんそのものを予防する効果はまだ証明されていません。

 しかし、持続的なHPVの感染やがんになる過程の異常(異形成)を予防する効果は
確認されており、これらに引き続いて起こる子宮頸がんを予防する効果が期待されています。


公費助成すれば医師は金を受け取れる。
つまりそういう理由で推進したと考えられます。
logo1
http://hpv.umin.jp/img/logo1.jpg


脳に重い障害負った少女達

同13日、日本線維筋痛症学会の西岡久寿樹理事長は、ワクチン成分によって脳の炎症や
免疫異常が起きている可能性が高いと発表した。

筋痛症学会は、一連の症状をワクチンによる「子宮頸がんワクチン関連神経免疫異常症候群」
(HANS)ととらえるよう提唱しました。

厚生省はワクチンとの因果関係を否定している。

学会は厚労省が重篤と認定した176人の約6倍にあたる1,112人を重篤と判断した。

子宮頸がんワクチンでは、全身の痛みや失神、けいれん、月経不順、記憶障害など
さまざまな症状の訴えがある。

発症は複数が一時期に出たり、時間を置いて違う症状に変化したりする。

症状がバラバラで一定ではなく、共通性に欠けるところから厚生省は「ワクチンとの
因果関係が無い」と主張しています。

西岡理事長は「接種者全員の追跡調査を行わなければ、原因は究明できない。
少女らの症状が、厚労省の言うような『心身の反応』だとしては、国のワクチン行政が
信用されなくなる」と訴えた。




ワクチン原因なのは明らか
(子宮頸がんワクチン、副作用患者は脳障害か 原因は不明)より

ワクチンの接種後に長期的に痛みなどの症状を訴える事例が相次いでいる問題で、
女性患者32人の髄液を調べたところ、脳に障害が起きている可能性があると、
国立病院機構静岡てんかん・神経医療センター副院長の高橋幸利医師が4日、
金沢市で開かれた日本神経免疫学会学術集会で発表した。

高橋医師は、ワクチンとの因果関係は不明としたうえで、本来なら細菌やウイルスの侵入を
防ぐ免疫に異常が生じ、自らの脳の機能に様々な障害を引き起こしている可能性を指摘した。

北海道立子ども総合医療・療育センターとの共同研究結果として発表した。

接種して数カ月~1年以上たってから、痛みのほかに「視野が狭まる」「引き算ができない」
「自分の名前や母親がわからない」「強い不安や恐怖感」といった多様な症状を訴える。

32人からは、炎症などを起こす様々な免疫活性物質や、白血球からつくられる複数の抗体が、
高い数値で検出された。


別の研究でもワクチン原因を示唆
(子宮頸がんワクチン、“記憶力の低下”など初の科学的証明/TBS)より

7月に初めて撮影されたゆきさんの脳の「血の流れ」を示す画像。色がついている部分が
幾つも見られます。これは、「血の流れが悪くなり、異常が生じていること」を示している
といいます。
「全て中枢神経系の画像。誰が見ても中枢神経系の異常があると言える」
(東京慈恵会医科大学神経内科平井利明医師)

 東京医科大学を中心とした5つの大学にわたる副反応の研究調査チームの平井利明医師。
ワクチン接種後に、記憶障害や歩行障害などの症状を訴える7人に同じ検査をしたところ、
7人全員、ほぼ同じ場所に異常を示す結果が出ました。異常が出た場所の1つは脳の
後頭葉という部位です。

 「『作業記憶』に関係しているところ。順序立てて作業する記憶が曖昧になってしまう。
学校でいろいろな授業を聞いたり、理解する。1回で頼まれた用事が途中で分からなく
なってまうことが起きる場所」(東京慈恵会医科大学神経内科平井利明医師)

以上 転載終了


地震雲ではなくて、ケムっているだけです、、、。
20140915125921.jpg


20140915125717.jpg